• Facebook
  • Twitter
  • YouTube

©2019 by アダムズ・アップルLLP

COMMENT

“北欧の至宝” マッツ・ミケルセン × “鬼才” アナス・トマス・イェンセン
北欧の最強タッグが仕掛けるダークで奇矯な感動作

誰しも“心の闇”を抱えざるを得ない時代に、堂々と人間讃歌の映画に挑戦(チャレンジ)する。こんな作り方があったのかと感嘆した。
いま、デンマークの映画が面白い!

スタジオジブリ 鈴木敏夫

よくぞここまでマッツの魅力と才能を引き出してくれました……アーメン。

森 百合子( 北欧ジャーナリスト)

罪、苦しみ、死といった深刻なテーマを用いながら、作品全体はひとつの楽曲のようになっている。
そこに、この映画の意義がある。

加藤 隆(千葉大学教授/ 神学博士/ 文明評論家/ NHK E テレ「100 分de 名著/ 旧約聖書」指南役)

狂信者は自分の死には気づけない。だから死ぬことすら叶わない。感動仕立てのトラップ!この映画はヤバすぎる。

代沢 五郎( O.L.H. (a.k.a. 面影ラッキーホール))

ベルイマンがバイオレンス映画を撮ったらこんなイカれた映画になっただろう。

越前敏弥(文芸翻訳者)